<< 単身赴任へ | main | 源泉 >>

また久々になりました

0
    また1週間が経ってしまいました


    先週の始めはスマホも故障
    そして私も抗がん剤の副作用で故障!?という日々



    今まで
    “副作用を乗りきるのは気持ちの問題”

    と、
    なかば自分に言い聞かせて治療に挑んできた一年半だった私

    なので
    先々週の副作用での苦しみは

    “治療へのモチベーションの問題”

    ということにして
    ラーメン食べて
    映画を見て

    “よっしゃ!!”

    と病院に戻ったのですが…


    どうやら
    気力を上回る副作用のようです


    今回は
    吐き気は慣れたのであきらめているのですが

    初体験のめまいに苦闘

    治療の翌日から
    看護師さんに

    「地震!?」

    と聞くほど天井も壁も床も
    ぐらんぐらん揺れる揺れる…

    それからの毎日は
    24時間地震です
    徐々に回復して
    震度3
    震度2
    震度1

    今は
    歩くと震度1な感じです

    ずっと揺れているので
    地震酔い、船酔いの状態で
    携帯もテレビも見られなかったので更新もできませんでした



    抗がん剤によっても副作用は違うし
    副作用の出方にも個人差があるので
    こればっかりはひたすら我慢するしかないので…


    今までの私の口癖は

    “頑張ります”
    “大丈夫です”


    でしたが

    今回ばかりは封印(笑)

    新たな口癖

    “耐えます”


    ひたすら耐える女です



    あまりに副作用がひどくなると
    合併症や後遺症のリスクが強くなるので

    これから先は
    どこまで治療をするかの判断になります




    一年半、
    絶え間なく抗がん剤をいれ続けているので
    すでに私の体にも
    それなりのダメージがあります


    今は
    喉の奥(わかりやすく言うと首の部分の喉)粘膜障害との闘い

    抗がん剤で
    体全体の粘膜が弱く薄くなっているのですが

    特に喉に強く出てしまって
    夜中でも水分を補給しないと
    喉の水分が不足してしまいます

    18年間、喋る仕事をしてきた私にとって
    喉に後遺症が残ることは
    可能な限り避けたい…

    たとえ、もう喋る仕事はしないとしても
    喉は守りたい!!のです


    でも
    もちろん
    1日でも長く生きるための治療なので
    リスクは覚悟しなくてはいけない




    正直なところ

    毎回の治療が
    それぞれに私のなかの
    “限界突破”なので

    どの状態が
    限界なのかわからない私(苦笑)

    それが葛藤でもありますが



    病気と向き合う人だけでなく
    スポーツ選手でも
    誰でもみんな

    自分の夢や
    守りたいものや
    大切な人のためや
    命のためなら


    いろいろなことを乗り越えるたびに
    自分の限界突破しながら
    また新たな壁に挑んでいく…
    それくらい
    人って闘えるものなんだと思います



    私の喉の粘膜障害は
    薬では回復しないので

    いま勉強している薬膳を活用して
    たとえ時間がかかるとしても
    自分で治してみせる!!と
    心に誓って


    なにしろ
    口から生まれたと言われるくらい
    喋ることが好きな私ですから!!


    成せばなる☆










    posted by: 空と風〜KUHU〜 | 病院日記 | 17:23 | - | - | - |